2009年9月16日 (水)

全水換えをしました。

一昨日(9/14)、6月から約3ヶ月ぶりに、金魚さんの水槽の全水換え(金魚さん&水を全て出して、砂利を洗う水換えの事。勝手に命名)を実行しました。

~うちでの「全水換え」の模様をレポートしてみたいと思います。とっても簡単に、のんびり&ずぼらにやっちゃってます。
''半分ぐらい''参考にしてみて下さいネ~

①器具類&上面濾過装置を外し、金魚さん用の35リットルバケツに、0.5%食塩水を20リットルほど作り、水あわせをして金魚さんを移動。水換えしている間に塩水浴させてリフレッシュ?!させます。(エアーも忘れずに入れてあげよう。)

090916b 金魚さん達は結構気持ちよさそう。。。

②もう一つの35リットルバケツ一杯に、水槽で使っていた水を抜きます。(だいたい30リットルぐらいかな。。。)

090916a_2 ヘドロみたいなのが一杯出ます。

③残った汚い水を抜き取り、底面濾過装置を外して洗い、砂利も全て出して米を研ぐように2~3回程度水洗いします。この時、あまりきれいに洗いすぎない事。バックスクリーンも取り外します。

④お風呂場にて、水槽のガラス面に着いたコケや汚れをタワシできれいに落とします。

⑤水槽の水気をよく拭いて、バックスクリーンを着け、底面濾過装置を設置し、洗った砂利を戻してから、取っておいた水を戻します。(うちでは「手おけ」でひたすら戻します。)

⑥水槽の水の足りない分を、水道水で満たします。(もちろん中和させて下さい。)13リットルバケツで3回ぐらい水道から水槽まで往復。。毎度の事ですが結構大変です。

⑦上面濾過装置をセッティングして、底面濾過装置と共に稼働させます。

~10時半頃から始めて、ここまででお昼過ぎになったので、
しばし昼食タイム。ここまで終わればもうのんびりです~

090916c 砂利や濾過装置の移動などで、
水が一時的に白濁りしますが心配しなくてOK。

⑧水槽の水が白く濁っているので、水が澄んでくるまで、そのまま数時間放置します。(金魚さんもずっと塩水浴させておきます。)

~4時過ぎになり、水に濁りがほとんど無くなってきたので、
金魚さんを移動させることにします~


⑨水温を測ります。水槽の水温が26.5℃、バケツ内の水温が25℃と、1.5℃の差があったので、バケツ内にヒーターを入れ、26.5℃まで水温を上げます。(比較的すぐに上がるので、その場を離れないように注意して下さいね。)

⑩水温が同じになったら、すぐに金魚さんを移動させ、全水換え終了です。

~すべて終わったのがだいたい5時頃でしょうか。
金魚さん達はきれいになった水槽で
ビュンビュン泳いでくれました~

塩水浴から本水槽に戻すとき、らんちゅうとか当歳の金魚さんとかの、か弱い子は、水を1/2ずつ戻すとかの気を使わないと、pHショックを起こしたり、様子がおかしくなるかもしれませんので注意して下さい。

この水換え方法は、あくまでうちでやっている「ずぼらな」方法です。うちでは一気に戻しても、水道水を中和させてすぐに水換えをザバザバやっても大丈夫な強い子達ですので。。。

あと、全水換えの時に、上面濾過装置も一緒に洗わないで下さいね。今回の全水換えは、底面濾過装置をきれいにしちゃったので、上面もやっちゃうと濾過バクテリアが激減してしまい、白濁りが改善されなくなってしまいます。なので少なくとも2週間ぐらい間を空けて掃除して下さいね。うちでは上面&底面のダブル濾過でうまくやっていますよ。

| | コメント (0)

2007年6月25日 (月)

まだひょろひょろです。

「金魚の苑」トップページでもちょっとだけ書きましたが、先週新しい金魚さんを迎えてしまいました。
現在第1&第2水槽に3匹ずつ飼育していますが、あと1匹ぐらいずつ増やしたいなあと思っていた矢先、良く行くホームセンターで出会ってしまいました。

20日(水)に、カード会員は5%OFFということで、ホームセンターに生活用品などを見に行きました。いつもの様に金魚さんコーナーものぞいてみると、ちょっと姿形の良い金魚さんが入れられる60センチ水槽に、ビニール袋が浮かんでいました。中には金魚さんが1匹入っていて、入荷したばかりだということがわかりました。
よ~く見てみると、銀色(青文色)した蝶尾ちゃんでした。もう価格も水槽に貼ってあり、1,200円と書いてありました。

あと1匹ずつ増やすとしたら、青文魚とか丹頂がいいなと思っていたのですが、その青文色の蝶尾ちゃんを見ていたら、とってもきれいな青っぽい銀色に、出目が可愛らしくて惚れてしまいました。なのであまり迷うことなく店員さんを呼んでしまいました。

しかし店員さんは一言、「入荷したばかりなので、丸1日は様子を見るために、通常は売れないんですよ。」とのこと。では予約でも良いかと聞くと、「前金になりますよ。」とのこと。それでも別にかまわないと言おうとしたら、「ビニール袋を開けずに、このまま持っていくという方法もありますよ。」とのこと。とにかく水槽を1日でコロコロ変えて欲しくない。とのことだったので、ビニール袋に入ったままの「銀蝶尾」をお持ち帰りすることにしました。
納入伝票を見せてもらったのですが、大阪からの発送とのこと。でもそこには「銀出目金」と書いてありました。でも店員さんと「この尾ビレは絶対に蝶尾だよねぇ?!」ということで、蝶尾と認定(?)しました。

070625a 家に帰りいそいでトリートメント水槽をセッティングし、0.5%塩水浴で3日間様子をみたところで、おかしなところもないし、両エラもよく動き、各ヒレもパッと開いているので、日曜日に第1水槽に移動させました。

ビニール袋に入っていたときには、結構大きく見えたんですが、水槽に放つと、右京&左京と同じぐらいか、それよりもやや小さい感じの子でした。他の子と同じ、明け2歳ですね。生殖口を観察したところ、メスのようです。ただ最近、オスメスの判定をはずしていますので、断言はできませんけど。。。

070625b ずっと絶食していたので、エサをあげたらとても喜び、水槽中を泳ぎまくっていました。まだまだ体の幅もなくヒョロヒョロな子ですが、2ヶ月もすれば他の子達のように、丸々のお腹になること間違いなしでしょう。名前はまだ決めていません。今日中には決めたいです。

| | コメント (0)

2007年6月11日 (月)

やはり3匹がいい!

黒澤と左京2匹に追尾攻撃され、第2水槽に1時避難していた右京ですが、土曜日(9日)に、第1水槽に戻してみることにしました。

最初、黒澤と左京は無関心だったのでホッとしていたのですが、夜中の1時ぐらいに、もう寝ようと思って水槽を確認すると、2匹からまたまた追尾攻撃を受けていました。
やっぱしダメかぁ・・・と思いましたが、夜中ということもあり、右京が少しかわいそうではありましたが、そのままにして寝ました。

次の朝には3匹とも静かになっていました。しかしよく見ると、右京の背ビレの前(ひたい?)に少しかすり傷が出来てしまっていました。

070611 でもやはり2匹だった水槽が、3匹になるだけで水槽内がにぎやかに、華やかになりますね~。しかも右京が退色したおかげで、「白・黒・赤(薄オレンジ)」の3色がとってもきれいに見えます。
しばし水槽を眺めちゃったりしているみにまむです。

時々まだ追尾行動をしていますが、右京もそれにへこたれずにがんばっているので、とりあえずはもう避難させないでいこうと思います。

ああ、あと1匹ぐらいずつ金魚さん増やしたいなぁ。。。そのうち弥富に行っちゃうかもしれません。

| | コメント (0)

2007年5月16日 (水)

私生まれ変わります。

右京を第2水槽へ避難させて10日程経ちました。アダルトな3匹達に転がされながらも、おだやかにノビノビ守られているようにすごしています。

070516_1 そんな右京ちゃんなのですが、退色現象がさらに加速してきました。
体の下から2/3は、もう退色してしまってオレンジ色になってきました。(腹ビレも完全にオレンジ一色です。)両目の間とか背中にこげ茶色が残っていますが、これももう時間の問題って感じです。

きれいな素赤になるんだねぇ。。これで成長したらパプリカと見分けがつかなくならないか、今からちょっと心配しています。

| | コメント (2)

2007年5月 7日 (月)

誰でもいいの~?!

今日も早朝から第1水槽では、右京が黒澤と左京に追尾されまくっていました。2時間ぐらい様子を見ても、追っかけは終わらなかったので、右京を第2水槽に避難させました。すると右京は安心したようで、砂利をツクツクし始めました。

この時期、ずっとこんな感じで追尾が行われると思うので、4/29に書いた、オランダの山吹を一時的に右京と交換してみるという計画を、結局は実行することにしました。

070507a 山吹は、でかいオスということで選ばれたはずだったのですが、移動させるとすぐに、黒澤と左京がツクツクとしてきました。「おいおい山吹はオスだよ~」と様子を見ていましたが、ツクツクが治まるどころか、追尾が本格的になってしまいました。

2匹のパワーはすさまじく、山吹が転倒してしまうほどです。「こいつら、オスでもメスでも誰でもいいのかしら。。。」とあきれてしまいましたが、娘を幼稚園に送っていったり、買い物をしたりして忙しく、午前中はそのままにしてしまいました。

エサを与えても、お昼になってもまだ追尾していたので、だんだん山吹のことが心配になってきてしまいました。結局オスを投入しても、今度はその子がターゲットにされてしまうということがわかりましたので、山吹を第2水槽に戻すことにしました。あぁ、作戦失敗です。。。1日に、それも短時間で2回も移動させてしまって、山吹にはホントに申し訳ないです。

070507b でも、第2水槽に戻った山吹は、「ああ~よかった~」という表情でした。
右京もこのまま5月いっぱいぐらいは、このまま第2水槽ですごさせようと思いました。

しかし、追尾ってオスにもメスにも関係なくするのでしょうか?私はメスがフェロモンでも出して、それにオスが反応しているのかと思ったのですが、主導権はあくまでもオスなんでしょうかねぇ??

| | コメント (0)

2007年5月 5日 (土)

パプリカが心配

今日は午前中からパートナーの実家へ遊びに行ってきました。娘と息子は、うちと違って広々とした一戸建ての、パートナーの実家で騒ぎ放題、遊び放題、おじいちゃんおばあちゃんにも遊んでもらって大満足で、先ほど16時頃に帰宅しました。(現在遅い昼寝中)
070505c うちに帰ってきて、水槽をのぞいてみると、赤蝶尾のパプリカが水面にプッカリと浮いてしまっていました。最近たびたび見る光景で、私としてもちょっとこのままではまずいかなあ。。なんて思ったりしています。
いろいろエサを日替わりにして様子を見たり、日曜日は絶食の日にしています。沈下性のエサは良いと聞いていましたが、パプリカにはあまり効果無し。。(食べた後浮いてしまいます。)一番浮かない日が多いのは、オランダゴールドを与えた日かもしれません。なぜかはわかりませんけど。。。
絶食すると浮き症状は治ります。なので食べたものによって浮いてしまうのは明らかだと思うのですが、絶対に浮かないエサというのはまだ見つけきれていません。このまま慢性化しないように注意深くエサやりをしていきたいものです。
それにしても今日は家の中が蒸し暑かったようで、先ほど第1水槽の水温をみたら30度になっていました。もう少し窓を開けたり、照明を消して行けば良かったと後悔しました。
暑かったかい?金ちゃん達ごめんよ~。

| | コメント (2)

2007年4月29日 (日)

戻してみましたが。。

今朝の第2水槽はおだやかでした。昨日の産卵も一段落したみたいで、茶金のチャパティと右京だけがエサくれダンスしていました。メスはやはり食い気??

070429a 昨日は産卵したので、卵を食べてもらうためにエサは無しにしてたのですが、浮いてしまっていた赤蝶尾のパプリカも元通り泳いでいたので安心しました。

第1水槽の様子もおだやかでしたので、エサをやって一段落してから、右京を第1水槽に戻しました。すると10分もしないうちに、またまた追尾行動が始まってしまいました。

070429b 今回も黒澤と左京が連なって右京を追っかけ回しています。せっかく昨日1日、ゆったり休んだ右京だったのに、またまた水底にペタッとうずくまってしまいました。。。困ったものですネ

このままでは右京が弱ってしまいそうなので、期間限定で組替えしようかなと思います。とりあえず、第1水槽はオスだけにして、右京を第2水槽にまたお引っ越しさせようかなと思います。
「オランダの山吹くん、ちょっとお子さま達の第1水槽にいってくれたまえ、頼むよ。」ということで、このブログを書き終えた後、実行しようと思います。

毎年この時期はこんな感じで組替えしてすごしているような気がします。。。

※追加コメント5/2※
組替えするつもりだったのですが、このブログを書き終えてから水槽を観察すると、追尾行動も一段落したみたいで、3匹ゆらゆらとただよっていましたので、組替えしないことにしました。ちょっと一安心。。。

| | コメント (0)

2007年4月28日 (土)

右京ちゃん一時避難

追尾行動まっさかりのうちの水槽ですが、昨晩第1水槽では、黒出目金の黒澤と白蝶尾の左京が、茶蝶尾の右京を追っかけ回していました。
昨晩の追尾行動は、2匹いっぺんが右京に追尾したために、右京も逃げ切れなくなり、隅っこに追い込まれてスリスリされたり、砂利に押さえつけられていたりしました。そのうち右京は水底にうずくまってしまいました。
070428a これはいかん。と思い、水温が同じなのを確認して、右京を第2水槽に一時避難させました。最初はビクビクしていた右京も、すぐに馴れて、アダルト金魚さん達と一緒に寝ていました。

今朝第2水槽を見ると、茶金のチャパティが産卵したため、お祭り騒ぎになっていました。一瞬右京のことが心配になりましたが、一緒になって卵を食べていました。たぶん初めて卵を食べたのでしょうね、もう夢中になっていました。
お昼すぎには産卵も一段落し、チャパティや山吹たちとゆったり泳いですごしました。(赤蝶尾のパプリカは、水面に浮いてしまいました。汗)
070428b 一方、右京がいなくなった第1水槽はというと、1日静か~になっていました。オス2匹だけでちょっと寂しそう。。。時々お互いに追尾行動をしたりしていましたが、相手がメスじゃないことがわかるとすぐに追尾もやめてしまいました。

明日にはまた右京を第1水槽に戻す予定ですが、右京にとってはどっちの水槽が快適で、居心地がいいのか聞いてみたい気がしました。

| | コメント (0)

2007年4月26日 (木)

ヒーターを取り外しました。

HPトップでもコメントしていましたが、第1&第2水槽に設置してあるヒーターを、いつ頃取り外そうかずっと考えていました。取り外したとたんに、また寒の戻りとかがありそうな気がしますし。。。
でも最近の、うちの水槽の水温は23~25度で安定していたので、大丈夫かもと思い、昨日の水換え時に、思い切って第1&第2水槽のヒーターを取り外しました。
070426
結構コケがついてしまって見た目きれいじゃないですよね。しかもこびりついてしまって、たわしでこすってもなかなか落ちません。


今朝は少しひんやりとしていたので、少し焦りましたが、水温は24度までしか下がらなかったので、ホッとしました。もうそんなに寒くなることもないかな??(そうであって欲しい。。。)

070426b 今年の冬は黒澤が心配なため、甘やかしているなと思いながらも、ヒーターを設置してしまいましたが、大事に至ることもなく、すくすくと成長してくれました。うちに来た当時よりもふた周りぐらい大きく成長しました。

来年の冬は、例年通りヒーター無しで冬が越せたら良いなと思います。黒澤もその頃にはもっと丈夫になってくれていることを期待したいです。

| | コメント (0)

2007年4月23日 (月)

退色現象加速中

購入当時から、怪しいと思っていた茶蝶尾の右京ですが、ここ2週間ばかりでだいぶ「茶」から「金」(薄オレンジ)に色が退色してきました。
070423a 右目手前や、側面にだいぶ薄オレンジ色が目立ってきてしまいました。やはり「茶」蝶尾ではなく、退色前の黒子だったということでしょうか。。
茶金のチャパティとは、やはり「茶」の色が違うんですよね。お店で見たときにはよくわからなかったんですけど。。

一応覚悟はしていたんで、「やっぱりか~・・・」という感じですが、理想的にはこのままの色でいて欲しかったというのがホントのところです。
この薄オレンジのところが白だったら、パンダ蝶尾とでもいわれるんでしょうが、どちらにしろ退色が完了するのも時間の問題だと思われます。
070423b_1 それともう一つ、右京と左京を購入した際に、生殖口から両方とも♂(オス)と判断していたのですが、どうも右京は♀(メス) のようです。毎日「追い星」の出た左京に追っかけられて、少しかわいそうになることもあります。
とにかく、退色したからって愛情が変わることは無いんですけどね。ちょっとだけ残念だなぁ。右京には申し訳ないけど。。。

| | コメント (0)