« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月28日 (木)

さっそく変更

「クリスマス」バージョンから通常の「金苑」バージョンに戻っていたブログですが、今度は「お正月」バージョンに変更してみました。
なんだか新年を迎えるって感じがしていい気分です。
今年もおうちで「寝正月」になりそうです。パートナーも私も混雑が嫌いなので。。。
子ども達がもうちょっと大きくなったら、「黒ひげ危機一髪ゲーム」とか「人生ゲーム」とかをお正月にやるのが夢です。いつになるやら。。。笑

| | コメント (3)

これでも早いほう…

061227 昨日(27日)に、すべての年賀状にコメントを書き終え、やっと出すことが出来ました。毎年、12月にはいると「出さなくちゃ。。」と焦りだすのですが、結局はクリスマスが終わってからしか年賀状作成に取りかかれません。私の悪い病気というか、せっぱ詰まらないとやる気が起こらないのです。ホントにダメダメですね。汗

でも今年はそれでも早く出せた方だと思います。確か毎年29日ぐらいに出していたような気がします。(ってそれほど差がないかもしれないですが。。)
とにかく出せたことで、気持ち的にはとっても楽になりました。

そして去年(?)ぐらいから、郵便局で「インクジェットはがきが売り切れる」ということが無くなりましたね。印刷してみたらハガキが足りなくて、探し回るなんてことが無くなり、とても楽になりました。しかも今年から写真用の一枚60円の年賀はがきも売り出され始めました。さっそく今年はそれにしてみたんですが、さすがに色の出具合が違いますね。とってもキレイに印刷することが出来ました。

そしてそして、毎年年賀状作成には、年賀状素材集のお世話になっているんですが、皆さんは毎年購入していますか?11月ぐらいから本屋さんの店頭にたくさんの素材集が並びますね。でもたった1種類(または数種類)の画像を選んだだけで、その本を使わなくなってしまうのはとてももったいない気がします。価格も千円前後はしますし。。
私は友人と数年前に共同購入した、申~さる~年用の素材集をまだ使っています。毎年「あの本貸して~。」と、どちらからともなく言ってきます。
干支や年号が入った素材はもちろん使えませんが、年号や干支が入っていない素材だけのものや、背景画像などはきれいなものも豊富にあり、年賀状作成ソフトと共に使えば、まだまだ利用価値はあります。干支なんかはネットでフリー画像などをダウンロードすればタダです。今年も私はそんな感じで作りました。
それにしても申年の時の素材集、使いすぎでしょうか??笑

ちょっと年賀状の事を熱く語ってみました。

| | コメント (0)

2006年12月26日 (火)

クリスマスが終わりましたので。。

クリスマスも終わり、今度はお正月に向けての準備開始です。
ちなみに今日は岐阜の小中学校の終業式でした。。。
ブログのデザインも通常の「金苑バージョン」(勝手に命名)に直しました。やはりこっちのほうがしっくりいきますね。
またお正月にも期間限定でデザインを変更してみたいと思います。またまた落ち着かないかもしれませんね。笑

| | コメント (0)

2006年12月12日 (火)

おてんばはほどほどにね!

最近日曜日は、「金魚さん絶食の日」にしています。
私の気配を感じるたびに、水面をパクパクしてエサくれ攻撃をするので、こちらとしてもとってもつらいのですが、日曜日は比較的外出することが多いので、そんな金魚さんの姿を見なくてすむ。という理由から、日曜日を絶食の日に設定しているのです。

10日も午前中からパートナーの実家に遊びに行きました。
夕方4時半頃に帰宅し、金魚さんの照明を消す前にひととおり観察をしました。するとまたまた黒澤が、ケガをしているではありませんか。。。
061211a
背ビレの先端(赤い丸印の親骨の部分)が
パックリと裂けていました。

片目が取れたときほどの衝撃はもちろんありませんが、どうしてこんな部分を、器用にもケガしてしまうんだろう??とため息が出ました。確か目が取れたときも絶食の日で、外出から戻った時に発見したのだと思います。
何か絶食とケガと関係があるのでしょうか?絶食の日に、人間が誰もいないときに、「大暴れ」でもしたりしてるんでしょうか??

061211b_1 またまた黒澤本人は、背ビレが裂けてしまった事などお構いなしに、ツクツクしています。
そろそろ「おてんば」するのはいい加減やめにして欲しいです。

今日になり、裂けてしまった部分もほとんどくっつきました。さすがに若いだけあって、キズの治りがとても早いです。このまま何事もなく、新年を迎えたいものです。(ため息)

| | コメント (2)

クリスマス限定で…

クリスマスまでの限定で、ブログのデザインを変更してみました。でもなんだか落ち着きませんね~。笑
もうちょっと可愛らしいクリスマスデザインが良かったのですが、あまり種類がなかったのでこれで我慢です。
とりあえず25日までということで。。。
お正月にも変更しようかなぁ。と考え中です。

| | コメント (0)

2006年12月10日 (日)

冬物を出し終わりました。。

「やっと夏物と冬物の入れ替え終わったよ。」
「えっ?もう12月だよ~!」
昨日の友人とのやりとりです。
そう、先日とうとう衣類の夏冬の入れ替えを完了し、とてもホッとしました。。
とはいえ、もうだいぶ寒くなってきたので、冬物をちょこっとずつ出してきては引き出しに入れてきたので、夏物と冬物が引き出しに一杯になって、開けるのも閉めるのも大変なことになっていたんです。「早くやれよ~。」と皆さんに言われてしまっても返す言葉がありません。
夏物冬物の入れ替えって、どういう訳か苦手で後回しにしてしまう家事の一つなんです。(って言い訳になっていませんね。汗)

その中で、子供服は毎年着られなくなる物がいっぱい出てきます。
特に娘の服のことなんですが、1年経つとこうも体が大きくなるモノかと感心するほどです。サイズが微妙なモノをいろいろ着せてみたのですが、ほとんどがアウト!そのたびにため息です。真っ赤なフード付きジャンパーや、ジーンズ、カットソー、タイツなど、私も気に入っていたモノばかりなので、これをもう着せられないとわかると、寂しい気がしてきました。
幸いにも娘には、さほど服装を「女の子」させていないので、ほとんどが息子にお下がりとして着せられるのですが、それでもどうしても「お下がり」には不向きな服が出てきます。
お花柄のカットソーやスカート、ピンク系の服等々。
これを捨てちゃうものもったいないので、状態の良いモノを「ヤフーオークション」に出品してみようかと考え中です。
ヤフオクは、入札はもう何回もしているんですが、出品はまだ未体験なのです。なのでまだやり方もわかりませんが、冬物ということで、「早めに出品しないとな~」とは思っています。ユーズドの服なんかも、価格設定や服の状態、写真の写し方(これ結構重要)によっては、結構買う人がいるみたいなので、売り方を考えたいなと思っています。なんだか楽しみになってきました。
061210 ~ある朝の光景~
NHK「いないいないばぁ!」のベストをお揃いで購入。2匹の怪獣のお気に入りです。
「ねぼけまなこ」で「おかあさんといっしょ」を見入っています。

| | コメント (0)

2006年12月 6日 (水)

黒澤の近況報告

黒澤の片目が取れたり、第2水槽の濾過材を捨てる羽目になり、ず~っと水が濁った状態が1ヶ月も続いたりと、金魚さん関係でバタバタしている間に、もう12月に突入してしまいました。
黒澤の片目が取れる事故では、皆さんにはご心配をおかけしましたが、黒澤は傷の治りも早く、約1週間の0.5%塩水浴のみで、本水槽に戻ることが出来ました。
061206a これには私もホントにホッとしました。
片目が取れてしまっても、エサ取りには全く支障なく、今まで通り1日中ツクツクしている毎日です。あくびまでしちゃっています。笑

ただ週末少しドキッとしたことがありました。気温がぐんと下がりましたよね。うちでも23度前後あった水温が、19度ぐらいまで下がりました。
アダルトな金魚さん達は全く影響がなかったのですが、黒澤1匹だけが体全体に白い膜がかぶったような、粉が吹いたような感じになり、ヒレをすぼめてぼんやりするようになってしまいました。
これはいわゆる「風邪」という症状のようです。隔離して様子を見ようか迷いましたが、白点病とはちょっと違う症状ですし、せっかく本水槽に戻したのに、また隔離水槽をセッティングするのが面倒(黒澤ゴメン)だったので、とりあえずヒーターを入れ、半日ほどかけて徐々に22度ぐらいまで水温を上げてみました。
するとまた元気に泳ぎ回るようになり、次の日には膜をかぶったような症状も、見事に治まってしまいました。いやあ、よかったよかった。。。

2歳以上のアダルトな金魚さんなら、1日で3度ぐらい下がった程度では大丈夫な事でも、当歳の金魚さんはやはり体調を崩しやすいと思います。水質や水温が少し変化しただけでも、今回のように白っぽい膜をかぶった様になったり、ヒレがギザギザになったりします。
なので当歳の金魚さんは、当歳をすぎるまで(年が明け春になるまで)は、他の金魚さんよりも気にかけてやる必要があると感じました。
うちの金魚さん達は、毎年ヒーター無しで冬を越しますが、今年は黒澤のいる水槽だけは、このままヒーターを入れてやろうかと思っています。
061206b ちょっと痛々しく見えるかもしれないですが、
傷口には肉が盛り、黒色も覆い、
だいぶきれいな感じになりました。

| | コメント (4)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »